筋トレによる豊胸の方法

自分に合ったバストアップ方法

バストアップをするには、バストに張りを与えることが必要になります。バストに張りを与えるためには大胸筋と小胸筋を鍛えることが大事になります。大胸筋と小胸筋を鍛えるとバストを支えるクーパー靭帯を保護することにもつながります。

 

大胸筋と小胸筋を鍛えるには筋トレをするのが一番ですが、いきなり筋トレをすると筋肉やクーパー靭帯を傷めてしまいますので、軽いストレットを行って筋肉を柔らかくしてからダンベルベンチや腕立て伏せなどを行います。

 

腕立て伏せをすると大胸筋と小胸筋を効率的に鍛えることができ、バストアップを目指せます。ダンベルベンチも大胸筋と小胸筋を鍛えるのに有効で、空き時間を利用して手軽に行うことができます。腕立て伏せやダンベルベンチは1日わずか5分行うだけでもバストアップにつながります。

バストアップクリームによる豊胸

乳房の90%は脂肪でできていますので、バストを大きくするためには脂肪を増やすことが必要になります。しかし、体脂肪が増えるとバストアップができても太ってしまい、スタイルが崩れてしまいます。体型を崩さずにバストを大きくするためには、バストアップクリームを塗るのが最適です。

 

バストアップクリームを胸に塗ると、クリームを塗った部分だけ脂肪を増やす効果が期待できます。他の部分の脂肪は増えないので、体型を崩さずにバストだけを大きくすることを目指せます。

 

バストアップクリームは毎日塗るのが理想で、毎日バストに塗ると数週間程度でバストにハリが出ていることを実感できます。クリームには美容成分も配合されていますので、バストを大きくするだけでなく、美乳にする効果も期待できます。

大豆イソフラボンによる豊胸

大豆イソフラボンは大豆に含まれている成分で、摂取すると体内で女性ホルモンのエストロゲンと同じような作用をします。女性の胸がふくよかなのは女性ホルモンの作用の賜物であるので、大豆イソフラボンを摂取すると女性の胸をふくよかにする効果が期待できます。

 

大豆イソフラボンは納豆や豆腐などを食べると摂取することができますが、大豆イソフラボンのサプリメントも販売されています。大豆イソフラボンのサプリメントは豊胸のために毎日摂取することが必要で、毎日摂取すると女性ホルモンの量が増えてバストアップに導いてくれます。

 

バストアップのための理想は、大豆イソフラボンの摂取と同時に、大豆を使った食品を食べる習慣をつけることです。サプリメントと食事の両方から大豆イソフラボンを摂取することによって、より効果を高めることにつながります。