バストを豊かにするために知っておくこと

バストアップしたいと考える女性は少なくありません。エステに通うことができればバストアップも確実にできると考えても費用が高額で中々エステで施術することができない場合は、自分でマッサージや食事の内容を胸が大きくなる栄養分を摂取することなどをしてバストアップしようと試みることが殆どです。

 

マッサージや食事でバストアップすることは期待できますが、自己流で行なうと効果を実感できないこともあるため、バストアップのメカニズムを知ることで自分でも効果的にバストを豊かにすることが期待できるのです。そのメカニズムを知らないと逆にバストが垂れてしまうなど逆効果になってしまうことも考えられるため、バストを大きくするためには胸の構造を知ったり、その構造を元に効果的にマッサージをすることでバストアップすることが期待できます。

バストの構造や仕組みについて

バストアップのメカニズムのひとつに胸の構造があります。バストには乳腺、クーパー靭帯、大胸筋、乳房内脂肪組織があり、これらがバストアップのポイントになります。乳腺とはバストを大きく関係しているもので、胸は1割が乳腺、9割が脂肪でできています。

 

そのため、乳腺を大きくすると脂肪も大きくなるので効率的にバストは豊かになるのです。クーパー靭帯は乳腺を皮膚や筋肉につなぎ止めてバストの加水を防いでいます。ただ大きいだけのバストではなく美しいバストにするためにはクーパー靭帯が伸びたり切れたりしないように保つことも大切なことなのです。

 

大胸筋はクーパー靭帯と同様に胸を美しく保つには必要なもので、乳房内脂肪組織は脂肪なので9割が胸を作っていると言えます。この脂肪は流れやすいためマッサージする際には注意が必要です。

女性ホルモンもバストを豊かにするには必要

バストアップのメカニズムとして女性ホルモンの作用も重要なポイントです。乳腺はバストを大きくするためには大切なもののひとつですが、その乳腺を大きくすることが期待できるのは女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンです。

 

エストロゲンとプロゲステロンの2種類は女性ホルモンで、この2種類はバストを豊かにするためには必要なもので、特に重要なのはエストロゲンです。

 

エストロゲンが作用することで乳腺は発達して胸の脂肪も増えてバストアップにつながるのです。エストロゲンを増やすには大豆などに含まれるイソフラボンを多く摂取することなどが有効ですが、エストロゲンを多く摂取してもそれがバストに栄養分として届けなければバストは大きくならないため、冷えやストレスを解消して栄養分をバストに届けることでバストが豊かになることが期待できます。