バストアップをするためのポイント

バストアップをするためには、バストにハリと弾力を与えることが必要になります。バストにハリと弾力を与えるためには美容成分が必要になりますので、美容成分を配合しているクリームをバストに塗ると、バストにハリと弾力を与えてバストの下垂を防ぐ効果が期待できます。垂れてきたバストが上向きになると正面から見るとバストが大きく見えますので、バストアップが図れます。

 

バストにハリと弾力を与える美容成分にはボルフィリンやセサフラッシュなどがあり、ボルフィリンはバストに弾力を与え、セサフラッシュはバストにハリを与えます。バストアップをするためにはバストに潤いを与えることも必要になるため、モイスチャー成分も必要になってきます。モイスチャー成分にはヒアルロン酸などがあり、モイスチャー成分が角質層に浸透することにより、ハリと弾力を保ちます。

美容成分の期待できる効果

バストアップクリームに配合されている美容成分には、ボルフィリンやセサフラッシュ、ヒアルロン酸などがあり、これらの美容成分の相乗作用によってバストアップに導きます。

 

ボルフィリンは育乳成分として知られており、バストの脂肪を増殖させる作用があります。乳房の約90%は脂肪ですので、脂肪を増殖させることにより、バストを確実に大きくする効果が期待できます。

 

セサフラッシュはゴマに含まれる美容成分であり、肌にハリを与える作用があります。セサフラッシュはいろいろな化粧品の原料に使用されており、バストアップクリームにもセサフラッシュは配合されています。肌にキメを与える作用もあるため、美乳の効果も期待できます。

 

ヒアルロン酸はバストに潤いを与える成分で、ヒアルロン酸の働きで潤いのあるピチピチとしたバストを目指せます。

バストアップクリームの使い方

バストアップクリームの効果を最大限に発揮するためには、バストへの塗り方を工夫することが必要になります。最も気をつけなければいけないことは、必ず入浴後に塗ることです。

 

お風呂に入る前に塗ると、美容成分がバストに浸透する前に落ちてしまいますので、バストアップの効能が無くなってしまいます。
入浴後に塗る際には、適量を手にとってマッサージをしながら塗るようにします。適量を塗ることがポイントで、大量に塗るとベタついてしまいますし、費用の面でももったいないです。

 

マッサージをする際には、あまり強い力で揉まないように注意します。強い力でバストを揉むと脂肪が燃焼してしまいますので、バストを大きくすることにはなりません。軽くバスト全体をマッサージすることがコツです。